FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-02

津村喬の京都講習「現代気功の巨人たち」

気功文化研究所・津村喬の京都四条講習
現代気功の巨人たち


 気功の現代史を代表的な気功指導者とその功法でたどってみます。私は最初に陳攖寧に師事しました。劉漢文、龐明、焦国瑞、周稔豊、張宇、馬礼堂からは直接習いました。王薌斎は弟子である蛋栄東から、劉貴珍については北戴河四天王の一人だった張天戈から、郭林気功は何人かの指導者から、また李少波の体系は延辺の研究者から習いました。習っていないのは蒋維喬だけということになりますが、著作を通じて最も親しんできた人でもあります。その人となりと理論を簡単に紹介して、功法を一緒に体験してみましょう。

第1回 5月9日(日)陳嬰寧の仙学復興

第2回 6月13日(日)蒋維喬と天台止観

第3回 7月11日(日)王薌斎と站樁功

第4回 8月15日(日)劉貴珍と内養功・保健功

第5回 9月19日(日) 郭林と定歩風呼吸・頭部按摩

第6回 10月9日(土)劉漢文と禅密功

第7回 11月13日(土)焦国瑞と太極十五勢

第8回 12月11日(土)李少波と真気運行法

第9回 1月8日(土)龐明と智能功

第10回 2月12日(土)周稔豊と亀蛇気功

第11回 3月12日(土)馬礼堂と洗髄金経

第12回 4月9日(土)張宇と外丹功

[会場]四条烏丸相生ビル(四条烏丸交差点から四条通りを西へ四条新町西入)
地下鉄四条駅・阪急烏丸駅26番出口(産業会館方面)より出て正面の信号を渡り(ファミリーマート側)左手(西へ)四条新町交差点一つ先の相生餅本店ビル3F(出口より徒歩3分程)

日時など変更になっている場合もありますので、最新情報でご確認ください!

お申し込みお問い合わせは
気功文化研究所
TEL・FAX 075-777-7719
MAIL kikoubunka@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

プロフィール

津村喬

Author:津村喬
1964年初めて訪中して中国道教協会会長陳嬰寧に気功を学ぶ。周稔豊元天津中医薬大学教授、焦国瑞中医研究員教授、張宇西苑医院医師などに師事し中医学と医療気功を研究。全国さまざまな教室で指導にあたる。日本で初めてホリスティック医学を取り入れた病院を開設した帯津良一医師との共著『魂が癒されるとき』、編書『伝統四大功法のすべて』、著書『気功への道』など気功関連の著書多数。1993年にはNHK「気功専科2」講師をつとめる。
2004年中国国家体育局によって制定された健身気功を日本に紹介し、NPO法人日本健身気功協会理事長となる。

気功文化研究所は、気功法とその背後の文化を総体として研究し、また教育するための研究教育機関です。日中にまたがる気功研究機関としては唯一のもので、津村喬所長、宋天彬・李遠国・林茂美副所長、許運堂北京事務所長以下、日本と中国の気功と医学、心理学、社会学、歴史学、教育学等の専門家たちが研究員と顧問に名を連ねています。気功文化研究所は宋天彬、李遠国先生のほか、北京中医薬大学の劉天君教授、峨眉気功の張明亮先生ら気功界の実力者たちを継続的に招いて、講習を開催しています。またフィンランド、エストニア、ドイツなどで講習会を継続的に開催し気功の世界交流を推進しています。津村喬所長が京都、東京などで定期的に開催している研究・教育の場は、気功を初めて習いたい人に最適の、無駄のない気功法学習の場であるとともに気功文化にたいして他にはない総合的な立場での講義と実習の場でもあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。