FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-03

新しい通信講座始めます。初級、中級、上級の資格制度を発足させます。
過去の受講歴、経験を生かすことができる柔軟なシステムになっています。
正規に受講すれば入門+十五期全部で五ヵ年八ヶ月かかります。


おためし通信講座     30日間廉価版 
正規のコースの前のテスト版です。

 三つのどれからでも入れます。30日間一日1時間の練功時間をとってください。それ以外に最低総計十二時間の理論修得のための自己学習時間をとってください。それで身につく内容になっています。それだけの時間がとれなけば保証はできません。テキスト・DVD・練功日記・質問票が届きます。練功日記は終了時に送ってもらって読ませていただいて、お返しします。一応の修了の確認なので点数は別につけませんが、感想があれば言います。質問票は随時ファックスでもメールでも送ってください。
 「おためし」コースはお会いしての直接の指導はありませんが、特に希望があればお会いしてアドバイスします(別料金)。
 30日間の記録を提出すれば修了証を送ります。おためしはひとつだけ受けても前に進めます。おためしを受けなくても入門コースに入ることはできます。

用意しているのは三コースです。2004年9月から受けられます。
◆価値あるリラクセーション 
気功の基礎的なリラックス法をあれこれやってみます。一ヶ月を三つの段階に分けて「動作によるリラックス法」「呼吸によるリラックス法」「意念によるリラックス法」と順々に学んで行きます。  
◆気功の本流・五禽戯 第一ステップで周稔豊の五禽戯の五つの基本動作、第二ステップで健身気功・五禽戯をやってもらいます。五禽戯の歴史学、五禽戯の動物行動学、五禽戯の宗教学、五禽戯の民族学、五禽戯の心理学などについての初級理論を手軽に習えます。
◆太極拳から太極気功へ 太極拳から動作をとって、気功としてじっくり練習したり、動作の分解をしたりしてみることができます。太極拳をしてきて、もっと手軽に学びたい方に最適です。気功の立場から初めて太極拳に触れる方にも向いています。

各コース受講料は以下の通りです。
維持会員 6000円
会員・講読会員 6400円
一般 6800円
一括支払いのみです。振込みは郵便振替00980-1-94576です。「おためし」受講ということとコース名を明記してください。振込みを以て正規申し込みとなります。9月から受講の場合は8月15日までに申し込んでください。それ以後、毎月15日までの申込は翌月スタート、それ以降は翌々月のスタートになります。
振替番号は現在新規登録申請中ですので、最新情報を確認してください。
複数コースを並行して受講することはできますが、なるべく順次受けて一つに集中されるようお勧めします。

気功入門コース 100日二回

 初めての方はここからスタートしてください。おためし経験者もここから本格的なコースに入れます。あとの100日十五回コースにはこの二回の入門コースの卒業生が参加できます。

 過去の100日講座の入門②までを受けている方は「入門」をパスして100日十五回コースまたは五ヵ年コースに参加できます。
 過去に入門コースを受けていて完了したがもう一度やりたいという方、途中放棄してやり直したい方は半額で受けられます。完全に同じ内容ではありませんが、過去の入門Ⅰと入門Ⅱが今度の入門ⅠとⅡに対応します。過去にⅠだけを受けて完遂していない方は半額でⅠを受けられます。Ⅱが途中になっている方はⅡを半額で受け取れます。内容や教科書は過去のⅠⅡと同じ部分と違う部分があります。

 年三回スタートの機会があります。10月、2月、6月です。スタートの半月前までに申し込んでください。2012年10月から第一期生の募集をします。締め切りは2012年9月15日です。10月1日から1月8日で100日ですが、開始日を自分で何日かずらすことは自由です。
 最初に一冊目の教科書とDVD、練功日記記入用紙、質問票、模擬試験用紙が届きます。レポートもあります。模擬試験は習ったことを確認するための自己採点方式です。終了後模範回答例が届きます。最後に練功日記・レポートを提出した方は返却し、それと一緒に修了証書をおとどけします。

入門コースの受講料はⅠ、Ⅱとも
維持会員 25000円
会員・講読会員 27500円
一般        30000円
です。

入門コースⅠの内容
背骨ゆらし・グルーミング・焦国瑞保健十三勢
古典の言葉他

100日通信講座 第一期~第十五期 全五ヵ年   


《基本技法コース 四段階》
第1期 背骨ゆらしとリラクセーション
第2期 スワイショウと站樁
第3期 グルーミング・自己マッサージ・保健功
第4期 やさしい静功と自己調整

◆四期まで修了した方には気功文化研究所初級指導員の受験資格が得られます。
普通に行けば最短で一年四ヶ月かかります。
 すでに長く基本技法を修得し研究している方は4回の100日をパスして一期から四期の総合講習各一日で受験資格が得られます。申請してください。
 四期を修了して試験に受かり、初級指導員になった方は気功文化研究所基本技法研究会のメンバーになれます。
《導引コース 五段階》
第5期 基本導引① 諸病源侯論風病導引・周稔豊八段錦第一套
              第二套・気功ストレッチング・坐式
第6期 基本導引② 亀蛇気功坐式・臥式・站式
周稔豊五禽戯・張宇五禽戯・その他の五禽戯
第7期 基本導引③ 手当て六字訣・霊元功など五臓対応の気功
第8期 太極気功 波動功・五行太極基本動功・六段選
第9期 導引研究 引書導引・馬王堆導引セレクション・諸病源侯 論セレクション・その他の古典導引
◆九期まで修了した方には気功文化研究所中級指導員の受験資格が得られます。
最短で一年八ヶ月かかります。
 すでに長く導引を研究して修得している方は面接によって各級導引動功の修得度をチェックした上で、五つの100日を経ないで中級試験を受けることができます。九期までを修了して試験に受かり、中級指導員になった方は気功文化研究所の導引研究会のメンバーになることができます。
《内丹コース 六段階》
第10期 呼吸法研究 内養功・強壮功・導引行気功
第11期 伝統瞑想研究 天台小止観・儒教瞑想と復七規・仙道静功
第12期 内丹入門① 背骨ゆらし・禅密功築基功・慧功・双雲功
第13期 内丹入門② 胡耀貞築基功・静動功
第14期 内丹研究① 内丹功・外丹功・太乙金華宗旨
第15期 内丹研究② 悟真篇の内丹功


十五期まで修了した方は気功文化研究所上級指導員の受験資格を持ちます。
最短で二年かかります。これについては「飛び級」はありません。
 十五期までを修了して試験に受かり、上級指導員になった方は気功文化研究所の内丹研究会のメンバーになることができます。

一期につき
維持会員 28000円
会員・講読会員 30000円
一般 32000円
通し受講
維持会員 28000円×15=420000円のところ、一括支払い400000円
会員・講読会員    450000円のところ、一括支払い420000円
一般     480000円のところ、一括支払い440000円

内容の微細な変更・改善はありえますが、この枠組みは変りません。
入門コースをすでに受けていて、その必要のないかたは2012年10月から受講することが出来ます。それ以後四ヶ月ごとに、いつからでもスタートできます。
スポンサーサイト
プロフィール

津村喬

Author:津村喬
1964年初めて訪中して中国道教協会会長陳嬰寧に気功を学ぶ。周稔豊元天津中医薬大学教授、焦国瑞中医研究員教授、張宇西苑医院医師などに師事し中医学と医療気功を研究。全国さまざまな教室で指導にあたる。日本で初めてホリスティック医学を取り入れた病院を開設した帯津良一医師との共著『魂が癒されるとき』、編書『伝統四大功法のすべて』、著書『気功への道』など気功関連の著書多数。1993年にはNHK「気功専科2」講師をつとめる。
2004年中国国家体育局によって制定された健身気功を日本に紹介し、NPO法人日本健身気功協会理事長となる。

気功文化研究所は、気功法とその背後の文化を総体として研究し、また教育するための研究教育機関です。日中にまたがる気功研究機関としては唯一のもので、津村喬所長、宋天彬・李遠国・林茂美副所長、許運堂北京事務所長以下、日本と中国の気功と医学、心理学、社会学、歴史学、教育学等の専門家たちが研究員と顧問に名を連ねています。気功文化研究所は宋天彬、李遠国先生のほか、北京中医薬大学の劉天君教授、峨眉気功の張明亮先生ら気功界の実力者たちを継続的に招いて、講習を開催しています。またフィンランド、エストニア、ドイツなどで講習会を継続的に開催し気功の世界交流を推進しています。津村喬所長が京都、東京などで定期的に開催している研究・教育の場は、気功を初めて習いたい人に最適の、無駄のない気功法学習の場であるとともに気功文化にたいして他にはない総合的な立場での講義と実習の場でもあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。