FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-26

八月の京都講習


八月十三日(土)
一時  背骨ゆらし、グルーミング
二時半 易筋経外経第一套
四時  易筋洗髄経通しと前半のていねいな繰り返し練習
五時半終了。六時から希望者だけ夕飯。夏の京料理
八月十四日(日)
九時  郭林気功研究
      DVD1,2の内容を全部やります。
十二時 昼食
一時から三時 内丹気功研究
        張宇内丹功・真気運行法・潘厚成気功・胡耀貞気功ハイライト
土曜日の夕食は会員・一般とも1000円
日曜日の昼食(朝粥)は会員・一般とも500円
講習費は土曜日通し会員5000円一般6500円
日曜日も会員5000円一般6500円
時間参加は問い合わせてください。
会場は京都の気功文化研究所です。京都駅または三条京阪または四条京阪から
三番、十二番のバスで堀川鞍馬口下車。075-777-7719
スポンサーサイト

2014-12-04

新規教室開始

明日四日から気功の木曜コースがスタートします。

1:00〜2:30 背骨ゆらしとスワイショウほか気功入門コース
2:30〜4:00 心を安定させ脳のバランスを回復する気功瞑想コース

一こま会員1000円、非会員1500円です。
会場は堀川鞍馬口の気功文化研究所で。
どなたでもご参加ください。少数で始めることになりますが私が海外に出ないときはずっと続けて行く予定です。年内は12月4日、11日、18日、25日です。

2014-05-03

京都定例会







五月十日は気功文化研究所の京都定例会です。
月末に気功文化の初めて京都で開催する三年目の総会がありますので、
その準備という意味もあります。まあ楽しくやりましょう。

1:00  立ってする亀蛇気功
        魅力的な動功です。武術的な要素も含まれています。
     智能功・光の瞑想
        龐明先生の功法に基づいて、瞑想法としての功法を作りました。
     真気運行法の五段階のうち最初の二段階
        李少波先生の真気運行法の誰でもできる最初の部分を紹介します。...
2:30  背骨ゆらし
        臨在の七支坐にもとづく、坐っての背骨ゆらし。自己運動法でもあり、
        坐禅の補助運動でもあります。
     脳ぐるーみんぐ
        自己マッサージ法ですが、今日は脳の刺激にこだわって。
4:00  総会の計画について討論。
     五時半終了。

会場 気功文化研究所 堀川鞍馬口のバス停前。京都駅から⑨番のバスで、三条京阪、四条からは③番のバスで。地下鉄北大路、鞍馬口から徒歩15分程度。お茶の出版の淡交社のビルの隣。バイク屋の二階、
会費 一般 一コマ2000円、三こま6000円
    会員 一こま1500円、三こま4500円

はじめての方もどうぞ気楽にひとこまだけでもご参加ください。

2013-05-10

京都土曜講習

明日は京都での土曜講座です。六月、七月とフィンランド、エストニアに行くために休みますので、この春最後の京都講習です。

①一時から二時半
   基本の背骨ゆらしとスワイショウ
   初めてのかた、経験の多くない方はここからしてください。
   指導者や経験の深い人にとっても自分のもっと深い課題を見つけるためにも、指導方法を研究するためにも大切な時間です。

②二時半から四時
   日本の古代文字カタカムナについて
     発見の経緯、紹介のされ方、どんな文字か
     楢崎皐月と宇野多美恵 私のかかわり方
     カタカムナの中の気功を実際にやってみる
③四時から五時半
   新しい『新脈脈』を渡して主な記事を読みながら
   站椿功の実習をします

一コマ会員が1500円、一般が2000円です。
堀川鞍馬口の気功文化研究所でします。
075-777-7719です。

早朝練習もあります。
気功文化研究所で六時から八時。希望者に中国式朝粥を提供します。
土曜日出た人は参加無料。ここだけの参加は一律1000円です。お粥も無料です。

2013-04-12

土曜講義

声を出す気功の特集です
基本の背骨ゆらしもします
潘先生の復習もあります



いつも通り、一時からです。分割しても参加できますが、なるべく三コマを体験してもらうといい体験になると思います。

一時からは基本の背骨ゆらしやスワイショウ、グルーミングなどの基本動作です。初めての方はここにまずお誘いしています。ベテランの方にも「基本をレベルアップする」ことは必要です。また自分で指導していくときのヒントがいろいろあると思います。簡単に思える動作でも「一期一会」です。

二時半からは新しい功法研究のシリーズです。
四月は声を出す気功の特集です。
リラックスのための功法、内臓刺激の六字訣のあれこれ、
そしてマントラのいろいろです。
頭をからっぽにする一番早道でもあります。
いくつか譜面もさしあげます。

このあいだにちょっとしたお茶の時間を作ります。
実はいただきもののお菓子がいろいろあるので、少し減らしてください。

四時から五時半は潘先生の復習です。まずこのあいだの講習の全体像をつかんで、それから一番始まりのところの繰り返しです。
肺の呼吸でない、「先天呼吸」ができないと、それ以上すすむことができません。これをきっちり繰り返しましょう。何度もしないといいますが、とりあえず何度でも練習するしかありません。

維持会員は一コマ1500円、ほかの会員と一般の方は一コマ2000円です。

場所は堀川鞍馬口の気功文化研究所です。バス停の目の前です。
地下鉄の鞍馬口、あるいは北大路からも歩ける距離です。タクシーでワンメーターです。スズキバイクの二階です。
プロフィール

津村喬

Author:津村喬
1964年初めて訪中して中国道教協会会長陳嬰寧に気功を学ぶ。周稔豊元天津中医薬大学教授、焦国瑞中医研究員教授、張宇西苑医院医師などに師事し中医学と医療気功を研究。全国さまざまな教室で指導にあたる。日本で初めてホリスティック医学を取り入れた病院を開設した帯津良一医師との共著『魂が癒されるとき』、編書『伝統四大功法のすべて』、著書『気功への道』など気功関連の著書多数。1993年にはNHK「気功専科2」講師をつとめる。
2004年中国国家体育局によって制定された健身気功を日本に紹介し、NPO法人日本健身気功協会理事長となる。

気功文化研究所は、気功法とその背後の文化を総体として研究し、また教育するための研究教育機関です。日中にまたがる気功研究機関としては唯一のもので、津村喬所長、宋天彬・李遠国・林茂美副所長、許運堂北京事務所長以下、日本と中国の気功と医学、心理学、社会学、歴史学、教育学等の専門家たちが研究員と顧問に名を連ねています。気功文化研究所は宋天彬、李遠国先生のほか、北京中医薬大学の劉天君教授、峨眉気功の張明亮先生ら気功界の実力者たちを継続的に招いて、講習を開催しています。またフィンランド、エストニア、ドイツなどで講習会を継続的に開催し気功の世界交流を推進しています。津村喬所長が京都、東京などで定期的に開催している研究・教育の場は、気功を初めて習いたい人に最適の、無駄のない気功法学習の場であるとともに気功文化にたいして他にはない総合的な立場での講義と実習の場でもあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。